2008年05月08日

古臭い名前?-銀河英雄伝説-

■さて実史の「ラインハルト」姓の人物の検索で困ったわけだが、翻って田中芳樹の作品の劣化「創竜伝」とかを受けて、
何でもかんでも否定的に捕らえるひとが一部に存在する。

困った例は「銀英伝のドイツ風な名前は古臭いとドイツ人に言われた」というもの。

銀河帝国初代皇帝ルドルフがドイツというよりもゲルマン風を目指したのだから、北欧神話の流れを汲む
ゲルマン風の名前が主流になってもなんら不思議ないのに、何を読んでいたのやら。
現代はキリスト教の聖者の名のドイツ風の読みの個人名が普及している。しかし、その前は、ジークフリート
だとかウォルフガングとかいう名が使われてきた。

歴史的経緯と「銀英伝」という作品の背景の説明なしに、ドイツ人の言うことだからと無批判に受け入れた側がトンチキだったのだろう。

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)田中 芳樹
東京創元社
2007-02-21


トップページ
posted by kurapat at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。